第163回絵手紙サロン例会(8月1回目)を6日、長崎総合科学大学8号キャンパスで開きました。参加者は前回同様2人だけ。その代わりゴミムシダマシ科のニホンキマワリ(日本木廻)という黒い甲虫類と、ヒメウコンエダシャクという蛾が参加してくれました(笑)。ヒメウコンエダシャクは残念ながら死骸でしたが、翅の黄色(ウコン色、ターメリック色)が鮮やかでした。キマワリは写真に撮って戸外へ逃がしました。2匹の昆虫は右に掲載します。ただし、特段珍しい昆虫でもなさそうです。(筆者)

 ※8月20日に予定していました例会は急きょ中止させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です